日々のスキンケアでニキビ退治!

ニキビケアと化粧水

大人にきびができた時のニキビケアで真っ先に思いつくのが、ニキビ化粧水だと思います。 もちろんそれは間違っていませんし、化粧水は重要です。 しかし、ニキビケアにおいては、ニキビの化粧水だけでなく洗顔料(クレンジング)、 美容液も大事です。

これら3つを組み合わせたニキビケアを考えた方が、のちのちに「ニキビができくにい肌」を 作ることができます。 では、なぜ洗顔料・化粧水・美容液の組み合わせを考えた方がよいのでしょうか?

一旦ニキビができると、治った後も同じ箇所にニキビができることがよくあります。 つまり、ニキビができるということは、半分は体質な訳です。できない人はできないですからね。 では、残り半分は何かといえば「意識的な努力」です。 ニキビができにくい肌になるための、洗顔料選び・化粧水選び・美容液選びをする必要があります。

こうした化粧品選びも大事ですが、それと同じ位大事なのが、普段からのスキンケアです。 大人ニキビができている状態は、とにかく肌が傷ついている状態です。肌に刺激を与えるような ニキビケアはなるべく止めましょう。

例えば、洗顔はぬるま湯を使う、洗顔は1日2回に留める、化粧水はコットンを使わず手になじませ、 長時間かけて顔にしみこませるなどです(コットンを使うのがダメという訳ではないですが、 肌質に合わないコットンというのがたまにありますので)。

最後に、ではどんな化粧水がよいのか?という話になるかと思います。 色々ありますが、私が一番オススメなのが、大人ニキビ用のビーグレン化粧品でしょうか。 日本で市販されているニキビ対策化粧水の中では、クオリティーはダントツだと思います。

もちろん、それ以外の商品がダメという訳ではありません。 ただ、世の中色んな粗悪品も出回っていますから、使用する前には会社の(商品の)HPを くまなくチェックされることをオススメします。