ニキビケアと化粧水

大人にきびができた時のニキビケアで真っ先に思いつくのが、ニキビ化粧水だと思います。もちろんそれは間違っていませんし、化粧水は重要です。しかし、ニキビケアにおいては、ニキビ化粧水ランキングで紹介されている化粧品だけでなく洗顔料(クレンジング)、 美容液も大事です。

これら3つを組み合わせたニキビケアを考えた方が、のちのちに「ニキビができくにい肌」を作ることができます。 では、なぜ洗顔料・化粧水・美容液の組み合わせを考えた方がよいのでしょうか?

一旦ニキビができると、治った後も同じ箇所にニキビができることがよくあります。つまり、ニキビができるということは、半分は体質な訳です。できない人はできないですからね。 では、残り半分は何かといえば「意識的な努力」です。ニキビができにくい肌になるための、洗顔料選び・化粧水選び・美容液選びをする必要があります。 これを怠ると、ニキビがニキビ跡として残ってしまいます。ニキビ跡を消すのは大変なので、なんとしてもニキビを作らない努力をすべきです。

こうした化粧品選びも大事ですが、それと同じ位大事なのが、普段からのスキンケアです。 大人ニキビができている状態は、とにかく肌が傷ついている状態です。肌に刺激を与えるような ニキビケアはなるべく止めましょう。

例えば、洗顔はぬるま湯を使う、洗顔は1日2回に留める、化粧水はコットンを使わず手になじませ、 長時間かけて顔にしみこませるなどです(コットンを使うのがダメという訳ではないですが、 肌質に合わないコットンというのがたまにありますので)。

最後に、ではどんな化粧水がよいのか?という話になるかと思います。 色々ありますが、私が一番オススメなのが、大人ニキビ用のビーグレン化粧品でしょうか。 日本で市販されているニキビ対策化粧水の中では、クオリティーはダントツだと思います。

もちろん、それ以外の商品がダメという訳ではありません。 ただ、世の中色んな粗悪品も出回っていますから、使用する前には会社の(商品の)HPを くまなくチェックされることをオススメします。
Dove

そもそもニキビとはなにもの?

ニキビは誰でも一度は経験したことがある肌トラブルではないでしょうか。 ですが、そもそもニキビとは何なのかがよく分からず、深く考えたことがないという方も多いはずです。

ですが、正しいニキビ対策を取るためにニキビの正体について知ることは非常に重要です。

ニキビの平均発症年齢は13歳から18歳程度と言われています。 青春のシンボルと呼ばれることのあるニキビではありますが、成人になってからニキビに悩まされている方も多いですよね。 成人になってからできたニキビは大人ニキビと呼ばれ、正式な名前は尋尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)と言います。

ニキビができたくらいで皮膚科に行くのは気が引けるという方もいるようですが、れっきとした皮膚疾患であるため、皮膚科に行くことはおかしなことではないのです。

ニキビができる大きな原因となっているのは肌の常在菌であるアクネ菌で・毛穴が集まるとアクネ菌が増殖し、炎症を起こしてしまいます。

状態が悪化すると、赤く腫れ上がり、非常に目立ちますよね。

そんなニキビを予防するためには、アクネ菌の増殖を抑えることが重要です。 そのために効果的なのが皮脂を抑えるということです。

アクネ菌は皮脂を餌として繁殖するわけなので、皮脂が毛穴につまらないように心がけることが重要です。 たくさん皮脂が分泌されたとしてもそれが排出されていれば問題はありません。

毛穴に詰まってしまった場合にニキビにつながってしまうわけですが、皮脂が毛穴を詰まらせる大きな原因があって皮脂の過剰分泌によるものです。

ストレスや睡眠不足、乱れた食生活などが皮脂の過剰分泌につながってしまうため、日常生活を見直していきましょう。

また、間違ったスキンケアを実践しているために大人ニキビが悪化している方も多いです。

丁寧なスキンケアをしているもののなかなかニキビがよくならないという方は、自分の実践しているスキンケア方法が間違っていないか見直してみると良いですね。

便秘解消でニキビ改善

便秘になるとニキビができてしまうという方も多いのではないでしょうか。 それだけでなく、肌のくすみにつながってしまうこともあるため、美容対策の一環として便秘予防に取り組んでいきましょう。

大人ニキビに悩んでいる多くの方は便秘にも悩んでいると言わています。 そもそも便秘とは、本来は排出されるはずの便が腸内に長時間とどまっている状態のことです。 便は老廃物であるため、長時間体内にあるのは良くありません。

場内に長くとどまった便は少しずつ水分を失い、どんどん硬くなってしまうため、時間がたてばたつほど頑固な便秘につながってしまうのです。

自律神経の働きを乱したり、血流が悪くなる原因にもなります。 また、血中に毒素が溶け出し、それが全身を巡ることにより、疲労やイライラに繋がってしまうことがあるため、できるだけ早く便秘を改善したいですね。

便秘にはいくつかの種類がありますが、予防のために大切なのは食生活を見直すということです。 ダイエットをしたところ、急に便秘になってしまったという方もいますが、これは食生活が乱れたことが大きな原因だといえます。

食物繊維が豊富に含まれる野菜類は便のかさましにつながるので積極的に取り入れてみましょう。 また、腸内環境を整えるという意味では発酵食品や乳酸菌を多く含む食材がおすすめです。

例えば、納豆やキムチなどを取り入れると良いですね。 水分が不足してしまうと頑固な便秘につながってしまうため、積極的に水分も取り入れていきましょう。

他には適度な運動を実践するということも大切です。 運動を取り入れることにより大腸のぜん動運動も促されるため、たまっていた便が排出されやすくなります。 運動といってもハードなものを取り入れる必要はありません。 ウォーキング程度の運動でも良いので、継続することが重要です。

運動と食生活の改善を実践するだけでもかなりの効果が期待できるのですが、それでもなかなか便秘が改善されないということであれば便秘を改善するためのマッサージを取り入れのも良いでしょう。

メニュー

ページの先頭へ