ニキビによくない食事?

ちょっと前に「朝カレー」なる言葉が流行りました。朝からカレーを食べるのを指すコトバで、最初私はこの言葉は、カレー会社が売り上げアップのために作り出したコトバだと思っていました(^^ でも、実際に朝からカレーを好んで食べる人たちもいるみたいですね(例えば、イチロー選手とか)。

では、ニキビとカレーの相性はどうなのでしょうか? ニキビ対策の本を読んだことある人ならお分かりと思いますが、ニキビによくない食事としてカレーが挙がっていることが多いです。

しかし、カレーは本当に大人ニキビによくないのでしょうか? ご存知の通りカレーにはスパイス類が多く含まれていて、このスパイス類がニキビ肌によくないというのがその根拠です。では、カレーと健康そのものの相性はどうでしょう?

スパイスには、タンパク質が体内で腐敗・発酵するのを食い止める働きや、血流を活発にする働きがあります。実はカレーには健康食品としての要素もあるのですが、表示上の問題もあり、カレー会社はそのことを大々的に宣伝できません。

また、スパイスを多く取ることで肌がきれいになる場合もあります。 酒やタバコ、チョコレートがニキビ肌に良くないというのは反論の余地のない事実ですが、カレーの場合はニキビの大敵とは簡単に言えないのではないか、と個人的には思っています。

ですので、「積極的に食べてください」とは言えませんが、無理して避ける必要もないかと思います。 ただし、激カラのカレーは刺激が強すぎるので避けた方がいいのと、カレーを食べた後はいつもニキビが悪化する、というような個人的な経験のある人は、やはり止めた方がいいでしょう。

とはいえ、いくら美肌のためとはいえ、あれもダメこれもダメと言われ続けるとかえってストレスになってしまいますからね。そこはご自身の体調やストレスと相談の上、食事をなされるとよいと思います。

しみを消すために美白コスメを使っている方も、美白化粧品に頼るばかりでなく、こうしたご自分のストレスや生活習慣との兼ね合いも考えてみて下さい。

メニュー

ページの先頭へ